龍泉寺(りゅうせんじ)

模擬天守「龍泉寺城」がある、尾張四観音の一つ

龍泉寺

天台宗の寺院。「松洞山大行院」と号する。名古屋城を鎮護する尾張四観音のひとつ。本尊は馬頭観音。「竜泉寺」とも表記し、地名は竜泉寺である。

創建

龍泉寺は延暦年間、伝教大師最澄が創建したといわれている。古文書「龍泉寺記」には、「その昔、伝教大師が熱田神宮に参篭中、龍神の御告げを受け、龍の住む多々羅池のほとりでお経を唱えると、龍が天に昇ると同時に馬頭観音が出現したので、これを本尊として祀った」という内容が記述されている。

一方では、弘法大師空海も同じように、熱田神宮参篭中のおり、熱田の八剣のうち三剣をこの龍泉寺に埋納しており、龍泉寺は熱田の奥の院といわれてきた。このため、この寺は伝教・弘法大師の開基ともされている。

焼失と再建

1584年、小牧長久手の役のおり、豊臣秀吉が当山に陣し退却するとき、池田勝入の部下により放火焼失、慶長3年(1598年)、秀純大和尚が堂塔を再興。明治39年に再び放火に遇い、多宝塔、仁王門、鐘楼を除く全てが灰と化した。

ところが、焼跡から、慶長小判百枚が発掘されたので、それを基金とし、多くの御信者の御寄付とをあわせ、本堂が再建され、今日に至る。

見どころ・寺宝

仁王門、木像地蔵菩薩立像は重要文化財。また円空作の馬頭観音をはじめ仏像数百体を有する。節分には、春駒を門前で売る店が出る。

境内裏側の日本庭園の横には三層の模擬天守「龍泉寺城」が建てられて、宝物館として多数の寺宝が展示されている。日曜・祝祭日のみの開館。龍泉寺城は、弘治2年(1556年)織田信長の弟、織田信行によって築かた。もとあった位置は不明。

龍泉寺3龍泉寺4龍泉寺5龍泉寺7龍泉寺8龍泉寺9



名称 龍泉寺
カテゴリ 神社・仏閣
地域 名古屋市北部
営業時間 自由
定休日 無休
料金

無料(宝物館 100円 日祝日のみ開館 9:00〜15:30)

TEL052-794-3647
FAX 052-791-3479
リンク 公式サイト
所在地 名古屋市守山区竜泉寺1-902
アクセス 名鉄瀬戸線「小幡駅」より徒歩7分
ゆとりーとライン「竜泉寺口駅」より徒歩3分
駐車場 30台
関連項目
龍泉寺 モバイルページ

名古屋観光 モバイル
龍泉寺