熱田神宮(あつたじんぐう)

三種の神器をまつる由緒ある大宮

熱田神宮

伊勢の神宮に次ぐ由緒ある大宮で、祭神は熱田大神であり、三種の神器の一つである草薙剣をまつり、景行天皇43年(113)創建と伝えられる。年間650万人に近い参拝の人々でにぎわう。

古くは、尾張造であったが、1893年(明治26年)、神明造に改築。屋根は銅板葺、面積19万m2

熱田神宮宝物館

刀剣類など国宝、国の重要文化財指定の宝物も多数所蔵。

祭事

6月5日の例祭(「尚武祭(しょうぶさい)」「熱田まつり」とも称される。)を最大規模の祭事とし、年間を通して祭事が行われている。

草薙剣

三種の神器の一つで、熱田神宮の神体である天叢雲剣(草薙剣)は神話によると、スサノヲ命(須佐之男命)が出雲国で倒したヤマタノオロチ(八岐大蛇、八俣遠呂智)の尾から出てきた太刀で、天叢雲という名前は、ヤマタノオロチの頭上に常に雲気が掛かっていたためとしている。剣はスサノヲ命から天照大神に奉納され、天孫降臨の際にニニギ尊(瓊瓊杵尊)に手渡された。

同じく三種の神器の八咫鏡(やたのかがみ)は伊勢神宮の皇大神宮にあり、八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)は皇居に現存するとされている。

熱田神宮熱田神宮熱田神宮熱田神宮熱田神宮熱田神宮熱田神宮熱田神宮熱田神宮熱田神宮熱田神宮2熱田神宮3熱田神宮4



名称 熱田神宮
カテゴリ 名所・旧跡 神社・仏閣
地域 名古屋市南部
営業時間 神宮は無 宝物館は 9:00〜16:30(入館16:10まで)
定休日 神宮は無 宝物館は毎月最終水曜日とその翌日と12/25〜12/31
料金

神宮は無
宝物館 (個人)  大人 300円 / 子供 150円

TEL052-671-4151
FAX 052-681-0538
リンク 公式サイト
所在地 名古屋市熱田区神宮1-1-1
アクセス 地下鉄名城線「神宮西駅」より徒歩7分
名鉄名古屋本線「神宮前駅」より徒歩3分
駐車場 普通車・駐車場有り 400台
バス・駐車場有り 7台
関連項目
熱田神宮 モバイルページ

名古屋観光 モバイル
熱田神宮