文化のみち二葉館(ぶんかのみち ふたばかん)

オレンジ色の洋風屋根、東洋と西洋の融合

文化のみち二葉館

大正9年建築、当時は「二葉御殿」と呼ばれた大正ロマンの香り高い館。「日本の女優第1号」の川上貞奴と「電力王」福沢桃介が、大正時代に暮らしていた和洋折衷の邸宅を移築・復元した。

館内展示

川上貞奴関連の資料や郷土ゆかりの文学資料、当時のステンドグラスや照明器具など調度品も展示されている。

文化のみち二葉館2文化のみち二葉館3文化のみち二葉館4文化のみち二葉館5文化のみち二葉館6文化のみち二葉館7



名称 文化のみち二葉館
カテゴリ 名所・旧跡
地域 黒川・大曽根・矢田
営業時間 10:00〜17:00
定休日 月曜(祝日の場合はその翌日)
料金

200円 ※中学生以下は無料

TEL052-936-3836
FAX 052-936-3836
リンク 公式サイト
所在地 名古屋市東区橦木町2-18
アクセス 地下鉄桜通線「高岳駅」2番出口より徒歩10分
駐車場 10台(300円/1回 30分以内は無料)
関連項目
文化のみち二葉館 モバイルページ

名古屋観光 モバイル
文化のみち二葉館