トヨタ博物館(トヨタはくぶつかん)

車の普及と文化の変貌を幅広く紹介

トヨタ博物館

ガソリン自動車が誕生した19世紀末から20世紀の自動車の歴史と文化をテーマに紹介。トヨタ自動車の運営であるが、トヨタ車だけでなく19世紀末から20世紀にかけて製造された各国、各メーカーの自動車が体系的に展示されている。

本館

トヨタ初の生産型乗用車をはじめ、各時代をリードした国産車、ベンツ三輪車など貴重なクラシックカーを含む約120台の車両を展示。

第二次世界大戦後に製造された外国車は、スペースの関係で原則として常設展示されていないが、特別展の場合は展示されることもある。

新館

日本人の暮らしと自動車の関わり合いについて車両約40台と当時の生活文化資料約2,000点を展示している。

展示車の一例として、アルファ・ロメオ グランスポルト、いすゞ クーペ、キャディラック・モデルA、シボレー・シリーズ、デイムラー・タイプ45、フォード・モデルT、プジョー・べべ、ベンツ・ヴェロ、マツダ・コスモスポーツ、メルセデス・ベンツ、ロールスロイス、デロリアン・DMC-12など。

トヨタ博物館2トヨタ博物館3トヨタ博物館4




名称 トヨタ博物館
カテゴリ 博物館
地域 尾張地区
営業時間 9:30〜17:00
定休日 月曜(祝日の場合は翌日)
料金

大人 1,000円
シルバー(65才以上) 500円
中高生 600円
小学生 400円

TEL0561-63-5151
FAX 0561-63-5159
リンク 公式サイト
所在地 愛知県長久手町
アクセス リニモ(東部丘陵線)線「芸大通駅」1番出口より徒歩5分
駐車場 300台
関連項目
トヨタ博物館 モバイルページ

名古屋観光 モバイル
トヨタ博物館

博物館のおすすめスポット