名古屋市市政資料館(なごやししせいしりょうかん)

ネオ・バロック様式の建物と明治憲法下の法廷

名古屋市市政資料館

1922年(大正11年)に建てられたネオ・バロック様式のレンガ造建築物。市政資料の展示を行っている。

建物

1979年(昭和54年)まで裁判所として使用され、中部地方の司法の中心としての役割を果たした。1984年(昭和59年)5月、建物が国の重要文化財に指定された。

重要文化財

・赤い煉瓦と白の花崗岩を組み合わせた荘重で華やかなネオ・バロック様式の外観
・ステンドグラスや漆喰塗り、マーブル塗りなど高度な技術が使われている中央階段室
・内装の美しい三階復原会議室

公文書館

1989年(平成元年)より名古屋市の公文書館、市民の文化利用施設として使用。常設展示室には裁判所としての資料などを展示し、一般展示室、集会室は展示会など市民へ貸出を行っている。

見どころ

三階の会議室は、シャンデリア・カーテン・壁紙・じゅうたんなどの内装、および机・椅子などの調度品をすべて創建当時の姿に復原されている。

創建当時、明治憲法下の控訴第2号法廷と、現行憲法制定後の昭和23年当時の法廷の姿を再現している。留置場、独房なども見られる。

名古屋市市政資料館2名古屋市市政資料館3名古屋市市政資料館4



名称 名古屋市市政資料館
カテゴリ 博物館 名所・旧跡
地域 名古屋城周辺
営業時間 午前9時〜午後5時
定休日 月曜(祝日の場合は直後の平日)・第3木曜日(休日の場合は第4木曜日)・12月29日〜1月3日
料金

無料

TEL052-953-0051
FAX 052-953-4398
リンク 公式サイト
所在地 名古屋市東区白壁1-3
アクセス 地下鉄名城線「市役所駅」2番出口より徒歩8分
駐車場 12台(無料)
関連項目
名古屋市市政資料館 モバイルページ

名古屋観光 モバイル
名古屋市市政資料館

博物館のおすすめスポット