瀬戸市新世紀工芸館(セトシシンセイキコウゲイカン)

展示棟、交流棟、工房棟の3つの棟があり、「展示棟」は、旧瀬戸陶磁器陳列館を復元した本格的な陶磁器ギャラリーで、企画展示を中心に常に新しいかたちで創作に取り組むアーティストの活動を紹介している。

工房棟」は、陶芸・ガラス工芸の設備を備え、研修生を迎え、新しい時代のもの創りを担う若手の育成を行っており、制作風景を見ることができる。

交流棟」はかつての陶磁器工場を改築し、明るい雰囲気に、1階は気に入った器でお茶が飲めるカフェコーナー、2階は展示棟とは対照的に気楽な雰囲気のギャラリーで、作家を中心とした作品を展示販売している。

陶芸の体験教室があり、ろくろ・手びねり(2個完成 1,600円)と絵付け(1個 500円)の体験ができる。(予約制)。

 




名称 瀬戸市新世紀工芸館
カテゴリ 博物館
地域 尾張地区
営業時間 10:00〜18:00
定休日 火曜(祝日の場合は翌日)、毎月第2月曜午前及び年末年始
料金

無料
※陶芸、ガラス体験は有料。要予約。

TEL0561-97-1001
FAX 0561-97-1005
リンク 公式サイト
所在地 瀬戸市南仲之切町81-2
アクセス 名鉄瀬戸線「尾張瀬戸駅」より徒歩7分
関連項目
瀬戸市新世紀工芸館 モバイルページ

名古屋観光 モバイル
瀬戸市新世紀工芸館

博物館のおすすめスポット