やしの実博物館(ヤシノミハクブツカン)

伊良湖自然科学博物館

太平洋と三河湾を望む渥美半島先端、伊良湖岬にあるやしの実博物館(伊良湖自然科学博物館)。島崎藤村の「椰子の実」の題材となった南の島から流れつくやしの実をメインテーマに、渥美半島の自然・歴史・文化のロマンを紹介している。

インドネシアから空輸された約100種の世界のやしの幹、花房、種などの実物を展示していて、やしと人間、やしと伊良湖との関わりを紹介している。




名称 やしの実博物館
カテゴリ 博物館
地域 三河地区
営業時間 10:00~16:00(所要20分)
定休日 無休
料金

無料

TEL0531-35-6631
FAX 0531-35-1269
所在地 田原市伊良湖町宮下3000-65 伊良湖旅客ターミナル内
アクセス 名鉄・JR豊橋駅から豊鉄バス「伊良湖岬」下車、徒歩1分
駐車場 100台(無料)
やしの実博物館 モバイルページ

名古屋観光 モバイル
やしの実博物館

博物館のおすすめスポット