徳川美術館(とくがわびじゅつかん)

国宝『源氏物語絵巻』を展示

徳川美術館

徳川美術館は侯爵徳川義親の寄贈にもとづき、尾張徳川家に伝えられた数々の重宝いわゆる「大名道具」をそっくりそのまま収め、展示・公開している他に例を見ない美術館。

コレクション

国宝『源氏物語絵巻』を収蔵することで著名。他にも徳川家康の遺品を中心に、初代義直以下代々の遺愛品や、その家族が実際に使用した物ばかり1万数千件におよぶ収蔵品がある。

国宝9件、重要文化財、重要美術品多数を含み、武家の表道具である刀剣、武具類や家康の遺品、華麗な婚礼調度をはじめとする調度類、服飾品、茶道具、書画など多岐にわたる。

オランダより伝来した徳川義直の望遠鏡が、現存する日本最古の望遠鏡である。17世紀の望遠鏡は、世界でも希少価値が高い。

常設展示室

藩主の公的生活の場であった、名古屋城二の丸御殿の一部を時代考証に基づいて復元してある。こうした展示方法により、道具類が、床の間、茶室、能舞台といった実際の場面で、どのように飾られ、使われたのかが理解できるように工夫されている。

建物

現在企画展示室として使われている建物は、財団設立当時の1932年に建てられた「帝冠様式」という、和風の屋根や外観をもった洋式建築で、国の登録有形文化財建造物として登録されている。

徳川美術館2徳川美術館3



名称 徳川美術館
カテゴリ 美術館
地域 黒川・大曽根・矢田
営業時間 10:00〜17:00
定休日 月曜(月曜が祝日の場合は翌日)、12月中旬〜年始
料金

一般 1,200円
高校・大学生 700円
小・中学生 500円

TEL052-935-6262
FAX 052-935-6261
リンク 公式サイト
所在地 名古屋市東区徳川町1017
アクセス JR中央線「大曽根駅」南出口より徒歩10分
駐車場 徳川美術館専用駐車場 17台(無料)、市営徳川園駐車場 乗用車80台(30分毎に120円)
関連項目
徳川美術館 モバイルページ

名古屋観光 モバイル
徳川美術館