昭和美術館(しょうわ びじゅつかん)

風情ある庭園・茶道の美術品

昭和美術館

名古屋東部の閑静な住宅街の中、2200坪ある敷地内に、茶道具を中心に重文の美術工芸品や資料を展示している本館、移築された江戸時代の尾張藩家老の茶室書院がある。

コレクション

収蔵品は800点あまりで、80%が茶道に関するもの。そのうち「源家長筆熊野懐紙」、「宇多院歌合」、「永久四年四月四日院北面和歌合」の3件が国の重要文化財に指定されている。

南山寿荘

尾張藩の家老であった渡辺規綱の別邸として江戸時代後期に建てられた邸宅内の「旧渡辺家書院及び茶室(南山寿荘)」が1935年(昭和10年)に移築されている(愛知県の有形文化財に指定)。

庭園

池を中心に自然林を生かした侘びさびの風情があり、3つの茶室が点在。茶庭回遊・茶会を通して茶の湯文化に親しむ場となっている。

昭和美術館2昭和美術館3昭和美術館4昭和美術館5昭和美術館6



名称 昭和美術館
カテゴリ 美術館
地域 御器所・いりなか・八事
営業時間 10:00〜16:30
定休日 企画展開催中 火曜日(祝日を除く)
料金

入館料(庭園見学料も含む)
一般 600円
学生 500円
高校生以下無料

TEL052-832-5851
FAX 052-832-5851
リンク 公式サイト
所在地 名古屋市昭和区汐見町4-1
アクセス 地下鉄鶴舞線「杁中駅」2出口 バス妙見町線「上山町駅」
駐車場 18台(無料)
関連項目
昭和美術館 モバイルページ

名古屋観光 モバイル
昭和美術館