稲沢市荻須記念美術館(いなざわし おぎす きねん びじゅつかん)

稲沢出身の画家、荻須 高徳の軌跡を辿る

稲沢市荻須記念美術館

パリの詩情が漂う荻須高徳画伯の作品を展示している美術館。生前に荻須が稲沢市に寄贈した作品を中心に常設展示しているほか、特別展や企画展が開催される。

画業を辿る

日本で描いていた作品と、美校を卒業してフランスに渡った後に描いた作品、第二次世界大戦で一時帰国し、再度フランスに滞在するようになってから描いた作品。それぞれの時代ごとに、3つの展示室で油彩画、水彩画、素描、リトグラフなど作品を鑑賞できる。

復元アトリエ

荻須がパリで使用していたアトリエを、天井の高さやはめ込んである窓、床、すべてにおいて忠実に復元している。サイドボードや丸テーブル、絵筆、愛用のパイプなど部屋の中にあるものも、実際に荻須がアトリエで使っていた物。

画家・荻須高徳

1901年11月30日、旧愛知県中島郡井長谷村(現・稲沢市)の、代々続く地主の次男として誕生。小さな頃から絵を描くのが大好きで、小学生の頃のあだ名はズバリ"エカキ"。

東京美術学校(現・東京芸術大学)を卒業後、フランスに渡り、長年パリの街並み、なかでも庶民の暮らす裏町を中心に描き続けた荻須。55歳のときにはフランス政府から、名誉ある「レジオン・ドヌール勲章」を授与されている。

建物・周囲の施設

西隣には緑豊かな稲沢公園が広がる。周囲には保健センター、大学などがある。このあたり一帯は稲沢市の"文化の杜"構想によって整備されたエリアで、稲沢市荻須記念美術館の建物は、中世の僧院をイメージして建てられている。

稲沢市荻須記念美術館稲沢市荻須記念美術館稲沢市荻須記念美術館2 稲沢市荻須記念美術館稲沢市荻須記念美術館稲沢市荻須記念美術館稲沢市荻須記念美術館3



名称 稲沢市荻須記念美術館
カテゴリ 美術館
地域 尾張地区
営業時間 9:30〜17:00
定休日 月曜(祝日の場合は翌日)、祝日の翌日、年末~年始、はだか祭りの日
料金

荻須高徳常設展示室 一般 310円、高大生 210円、小中生 50円
特別展・企画展 そのつど料金を設定

TEL0587-23-3300
リンク 公式サイト
所在地 稲沢市稲沢町前田365-8
アクセス 名鉄名古屋本線「国府宮駅」より名鉄バス「美術館前」下車、徒歩3分
駐車場 80台(無料)
関連項目
稲沢市荻須記念美術館 モバイルページ

名古屋観光 モバイル
稲沢市荻須記念美術館