岡崎市東公園(ヒガシコウエン)

豊かな自然と楽しい動物園

岡崎市東公園

面積26.4ha(ナゴヤドーム約5個分)の広大な敷地を活用した自然と文化の公園「岡崎市東公園」。

岡崎市出身の世界的な地理学者志賀重昂ゆかりの釈迦堂、南北亭、三河男児の歌碑や、鋼鉄研究の世界的権威者である本多光太郎の勉強部屋が移築されている。

園内にはゾウやラクダ、モルモット、珍しいミーアキャットやワラビーなど動物が飼育されている入園無料の「東公園動物園」がある。

「花菖蒲園」は、広さ約2900平方メートルの敷地に約114種・1万株の菖蒲が育てられている。毎年6月の菖蒲まつりでは夜間ライトアップも行い、市外からも多くの人が訪れ、初夏の風情を味わっている。

秋には園内のもみじが見事な紅葉を見せてくれる。

岡崎市東公園2岡崎市東公園3岡崎市東公園4岡崎市東公園5東公園動物園東公園動物園2東公園動物園5東公園動物園6



名称 岡崎市東公園
カテゴリ 公園
地域 三河地区
料金

無料

TEL0564-24-0050
所在地 岡崎市欠町字大山田1番地
アクセス 「東岡崎駅」より名鉄バス「市民病院」行き約20分・「東公園口」下車、徒歩1分
駐車場 320台(無料)
関連項目
岡崎市東公園 モバイルページ

名古屋観光 モバイル
岡崎市東公園