センチュリーホール(名古屋国際会議場)

名古屋国際会議場にある大規模ホール

名古屋国際会議場

白鳥公園内、名古屋国際会議場にある大規模多目的ホール。公的なホールとしては、最大規模の3,012人のキャパシティを誇る。最新の音響照明設備、同時通訳ブース等大規模な国際会議はもちろん、コンサートなどさまざまな目的に利用できる。

名古屋国際会議場は、1989年に名古屋市制100周年を記念して開催された世界デザイン博覧会で建設・設置された白鳥センチュリープラザを再利用して1990年に設置された。

設計としては、施設が設置されている白鳥公園にちなみ、地上からは白鳥が水に浮いている姿、空中からは、白鳥が翼を広げている姿がイメージされている。

センチュリーホールのほかイベントホール、国際会議場、3つレストランを備える国際都市名古屋の中核施設である。中庭には全高8.3m、幅3.6m、全長8.8mと巨大な、レオナルド・ダ・ヴィンチの幻の作品であるスフォルツァ騎馬像がある。

名古屋国際会議場名古屋国際会議場名古屋国際会議場名古屋国際会議場名古屋国際会議場名古屋国際会議場名古屋国際会議場2名古屋国際会議場3名古屋国際会議場4名古屋国際会議場5名古屋国際会議場6



名称 センチュリーホール
カテゴリ 劇場・ホール
地域 名古屋市南部
TEL052-683-7711
FAX 052-683-7777
リンク 公式サイト
所在地 名古屋市熱田区熱田西町1-1
アクセス 地下鉄「日比野駅」「西高蔵駅」より徒歩5分
駐車場 638台(1日1回 700円)
センチュリーホール モバイルページ

名古屋観光 モバイル
センチュリーホール