東山植物園(ひがしやましょくぶつえん)

美しい花と珍しい木々に出会う

東山植物園

動物園の裏手にあり、大温室を始め約7,000種の植物が楽しめる。人気のあるハーブガーデン、季節の花が咲き乱れるお花畑、静けさの中で野鳥の声が楽しめる日本庭園など見所がいっぱい。

大温室

昭和12年開園時につくられた大温室は、現存する温室では日本最古。重要文化財に認定されている。また、前館内には開園当時に植えられたヤシなど十数種が現存。

植物園施設

28haもある敷地には、合掌造り、武家屋敷、也有園、洋風庭園、梅園、桜の園、椿園、花畑などがあり、年間を通じて色とりどりの花や緑が楽しめる。バラ園熱帯植物温室は必見だ。

こども動物園・バラ園エリア

子供たちが動物と直に触れ合える「小鳥とリスの森」や「こども動物園」があり、人気遊具としてローラー式すべり台「樹快ダー」(全長約200m、高低差約28m)もある。

園内で動物園、植物園、遊園地と家族で一日楽しむことができる。

東山植物園2東山植物園3東山植物園4




名称 東山植物園
カテゴリ 動物園・植物園
地域 名古屋市東部
営業時間 9:00~16:30
定休日 月曜(月曜が休日のとき翌平日)
料金

大人 500円 / 中学生以下 無料
※東山動物園と共通

TEL052-782-2111
FAX 052-782-2140
リンク 公式サイト
所在地 名古屋市千種区東山元町3-70
アクセス 地下鉄東山線「東山公園駅」より徒歩5分
駐車場 1600台(普通車 800円/1回)
関連項目
東山植物園 モバイルページ

名古屋観光 モバイル
東山植物園