乳岩峡(チイワキョウ)

透き通る清流と巨大な一枚岩

乳岩峡

豊川支流の乳岩川に位置し、鳳来峡より更に内陸部にある全長4kmの峡谷。国指定の名勝及び天然記念物となっている。

名前の由来はこの峡谷のシンボルでもある乳岩山で、標高670mにも及ぶ岩山。一帯を乳岩と呼ぶ。近くには洞窟が多く見られ、最大の乳岩洞窟は胎内くぐりを楽しむことができ、子安観音が祀られている。また、河床は平坦な一枚岩で形成され、表面が滑らかである。

これら一帯は天竜奥三河国定公園にも含まれる。その一方で、一帯は険しい岩山が多く鬼岩を中心として全国有数のフリークライミングのメッカとしても知られる。

乳岩峡2乳岩峡3乳岩峡4乳岩峡5乳岩峡6乳岩峡7乳岩峡8乳岩峡9乳岩峡10乳岩峡11乳岩峡12乳岩峡13乳岩峡14乳岩峡15乳岩峡16乳岩峡17乳岩峡18乳岩峡19乳岩峡20



名称 乳岩峡
カテゴリ 自然
地域 三河地区
料金

無料

TEL0536-32-0022
所在地 新城市川合字乳岩
アクセス JR飯田線「三河川合駅」より徒歩60分
駐車場 あり(無料)
関連項目
乳岩峡 モバイルページ

名古屋観光 モバイル
乳岩峡