桃巌寺(とうがんじ)

ちょっとドキドキする秘仏の寺

桃巌寺

曹洞宗。1549年、織田信長の父、織田信秀の菩提を弔うために、末森城主であった三男信行が城の南に位置する末森村二本松(現在の千種区穂波町付近)に建立。後に現在地に移される。

境内に信秀供養の五輪塔が立ち、今は弁天様の寺として芸能人などの参拝者も多い。また、"ねむり弁天"を始め男女和合の寺宝が多い。

日本一とも言われる直径1メートルの木魚、昭和62年(1987年)に建立された坐高10メートル(台座も含めると15メートル)の巨仏「名古屋大仏」がある。

ジャンル
神社・仏閣
地域
覚王山
営業時間
9:00~17:30
定休日
無休
TEL
052-781-1427
所在地
名古屋市千種区四谷通2-16
地図
アクセス
地下鉄東山線「本山駅」より徒歩5分

桃巌寺 地図» 写真»
名古屋観光 > ジャンル・地域 > 神社・仏閣 > 桃巌寺


▲ページトップへ

© 名古屋観光

携帯アクセス解析