中村公園(ナカムラコウエン)

豊臣秀吉、加藤清正ゆかりの史跡

中村公園

豊国神社の拝殿と本殿を中心として、複数の池や児童向けの遊具などに加えて、豊臣秀吉に関する石碑・銅像が配され、明治43年に明宮嘉仁親王(後の大正天皇)が来名した際に植えた大正天皇御手植松がある。

公園には多くの史跡があり、豊臣秀吉を祭神として創祀された「豊国神社」、1883年、当時の県令・国貞廉平は、豊臣秀吉ゆかりの地を保存するため、「豊公誕生 之地」の標柱を建てた「豊公誕生地之碑」(現在の石碑は1911年に建てられたもの)がある。

また、加藤清正が出陣の時、必勝祈願したと伝えられている「八幡社」、加藤清正が一族の円佳院日誦上人とともに、秀吉をまつるために創建した、境内に秀吉の銅像がある寺「常泉寺」、加藤清正の生地であり、境内には清正の銅像や石碑がある「妙行寺」。

秀吉のわんぱく盛りの頃をモデルにした群像「日吉丸となかまたち」が昭和58年に設置されている。

公園の一角には中村図書館、秀吉清正記念館、中村文化小劇場が置かれている「中村公園文化プラザ」が建ち、名古屋競輪場とも隣接している。

公園前の「中村公園参道」先には昭和5年竣工、高さ24メートルあまりの大鳥居「赤鳥居」があり、名古屋の名物の一つとなっている。

ジャンル
公園
地域
名古屋市西部
営業時間
自由
定休日
無休
所在地
名古屋市中村区中村町
地図
アクセス
地下鉄東山線「中村公園駅」より徒歩7分
駐車場
30台

中村公園 地図» 写真»
名古屋観光 > ジャンル・地域 > 公園 > 中村公園


▲ページトップへ

© 名古屋観光

携帯アクセス解析