名古屋城(なごやじょう)

金のシャチホコが輝く城

名古屋城

東海道の要所として、1612年(慶長17年)、徳川家康が子義直の居城として築城。日本100名城に選定されており、国の特別史跡に指定されている。

重要文化財

昭和20年の名古屋空襲によりほとんどの建物が焼失したが、三つの、三つの、本丸御殿障壁画天井板絵の大部分が戦火を免れ、国の重要文化財に指定された。

再建

1959年(昭和34年)、金のシャチをいただく五層の大天守閣(約48m)と小天守閣(約24m)、正門が再建された。現在、城主(藩主)が居住する御殿「本丸御殿」の復元が実施されており、2018年度(平成30年度)全体公開を予定している。

大天守閣

1階からは7階と地階があり、7階は天守閣展望室となっている。1階では重要文化財の障壁画・歴史資料を展示、3階から5階にかけて「実物大金鯱模型」「石引き体験」「駕篭乗り体験」、光・音による「城内、城下の暮らし」をうかがい知ることができ、誰もが楽しみながら名古屋城と名古屋の歴史を学ぶことができる。

名古屋城内施設

名古屋城内の食堂では味噌カツ、きしめん、エビフライ、味噌おでん、と名古屋名物を食べることができる。園内には、枯山水回遊式庭園の名勝二之丸庭園や、二の丸茶亭、二之丸東庭園がある。

ジャンル
名所・旧跡
地域
名古屋城周辺
営業時間
9:00〜16:30(天守閣入場は16:00まで)
定休日
12/29〜1/1
TEL
052-231-1700
FAX
052-201-3646
所在地
名古屋市中区本丸1-1
地図
アクセス
地下鉄名城線「市役所駅」7番出口より徒歩5分
名古屋高速1号楠線 「黒川」 出口より南へ8分
名古屋高速都心環状線 「丸の内」 出口より北へ5分
駐車場
521台(180円/30分)

名古屋城 地図» 写真»
名古屋観光 > ジャンル・地域 > 名所・旧跡 > 名古屋城


▲ページトップへ

© 名古屋観光

携帯アクセス解析