名古屋市科学館(なごやしかがくかん)

世界最大のプラネタリムと科学の面白さを感じる科学館

名古屋市科学館

白川公園内にある、プラネタリウムをメインとした「天文館」、物理・原理・技術といった内容を紹介する「理工館」、生命・生活・環境を紹介する「生命館」からなる科学館。

「みて、ふれて、たしかめて」をテーマにボタンを押したり、操作したりなど参加体験して科学の楽しさを感じる施設。 毎月テーマの替わるプラネタリウムや、サイエンスショー、スパークショーなどの実演など催し物を毎日開催。

2011年3月にリニューアルオープンして、新たに世界最大となるドーム直径35メートルのプラネタリウム、地球上の水の循環をモチーフとし水に触れて楽しめる「水のひろば」、高さ8mの「竜巻ラボ」、120万ボルトの放電が可能な大型テスラコイル2機がある「放電ラボ」、マイナス30℃を体感できる「極寒ラボ」ができた。

プラネタリム

限りなく本物に近い星空を再現する直径35メートルの世界最大のプラネタリムドームは、最新鋭の技術を使って、実際に星空を歩いているかのようなバーチャル体験ができる。6機の高解像度プロジェクターを使って、プラネタリウムに動画を合わせた特殊演出が可能に。左右に回転する座席でゆったり鑑賞できる。

ジャンル
博物館
地域
伏見
営業時間
9:30〜17:00(入館は16:30まで)
定休日
月曜(祝日の場合直後の平日)・第3金曜日(祝日の場合第4金曜日)・年末年始
TEL
052-201-4486
FAX
052-203-0788
所在地
名古屋市中区栄2-17-1
地図
アクセス
地下鉄東山線・鶴舞線「伏見駅」5番出口より徒歩5分
地下鉄鶴舞線「大須観音駅」4番出口より徒歩8分
駐車場
普通車・駐車場有り
139台(180円/30分)
バス・駐車場有り 27台

名古屋市科学館 地図» 写真»
名古屋観光 > ジャンル・地域 > 博物館 > 名古屋市科学館


▲ページトップへ

© 名古屋観光

携帯アクセス解析