犬山城(いぬやまじょう)

国宝に指定された現存天守

犬山城

江戸時代前後に建造された天守が現存する。現存天守は国宝に指定された4城のうちの一つ。

天文6年(1537)、織田信長の叔父、織田信康によって木之下城より城郭を移して築いたといわれてる。天正12年(1584)には豊臣秀吉が入城など、様々な城主を経ている。

犬山城天守

犬山城の天守は高さ19メートル、外観3重、内部は4階、地下に踊場を含む2階が付く。現存する12城のうちの1つで、日本最古の様式である。

1階では、特別展期間外に常設展示として、犬山城主成瀬家に伝来した武具・調度品・絵画・古文書などの展示している。最上階、外の廻縁からは木曽川を一望でき。岐阜県、小牧、名古屋まで見渡せすことができる。

ジャンル
名所・旧跡
地域
尾張地区
営業時間
9:00〜17:00
定休日
12/29~31
TEL
0568-61-1711
FAX
0568-61-5611
所在地
犬山市大字犬山字北古券65-2
地図
アクセス
名鉄犬山線「犬山遊園駅」、「犬山駅」より徒歩15分
駐車場
30台

犬山城 地図» 写真»
名古屋観光 > ジャンル・地域 > 名所・旧跡 > 犬山城


▲ページトップへ

© 名古屋観光

携帯アクセス解析