豊橋市自然史博物館(とよはしし しぜんし はくぶつかん)

大迫力の恐竜、歴史を肌で感じる

豊橋市自然史博物館

生物の進化と自然のしくみをテーマに、恐竜アナトサウルスほか実物化石、ジオラマ等を展示している。

恐竜模型

自然史博物館入口前の広場にはブラキオサウルスの親子をはじめ、10体の実物大の恐竜模型があり、館内の自然史スクエアでは、ティラノサウルスとトリケラトプスの全身骨格が白亜紀の世界を演出。

生きものの進化

古生代展示室では22の展示コーナーで、地球の誕生から約2億5千万年前までの生きものの進化をたどることができる。月からやってきた隕石、アノマロカリスで有名なバージェス動物群など迫力の大型標本も展示。

恐竜の時代

中生代展示室では2億5000万年前~6500万年前の恐竜たちの時代、中生代を紹介。中国雲南省で発見されたユアンモウサウルスの全身骨格(全長17m)など、 合計10体の恐竜を間近で見ることができ、迫力満点。

また、実物大のジオラマと映像を組み合わせた「恐竜劇場」が30分間隔で上演されている。

エドモントサウルス

エドモントサウルス展示室では、ルース・マーソンの「恐竜の谷」とよばれている場所に露出しているヘル・クリーク層から産出した恐竜エドモントサウルス・アネクテンスの実物化石が展示されている。

豊橋市自然史博物館2豊橋市自然史博物館3豊橋市自然史博物館4



名称 豊橋市自然史博物館
カテゴリ 博物館
地域 三河地区
営業時間 9:00〜16:30(所要120分)
定休日 月曜(祝日・振替休日の場合は翌平日)、12/29〜1/1
料金

無料 ※公園に入るのに入園料が必要
豊橋総合動植物公園(のんほいパーク)入園料 大人 600円 / 小中学生 100円
大型映像は大人600円、小人200円が必要

TEL0532-41-4747
FAX 0532-41-8020
リンク 公式サイト
所在地 豊橋市大岩町字大穴1-238 豊橋総合動植物公園内
アクセス JR東海道本線「二川駅」より徒歩6分
駐車場 1,700台(無料)
関連項目
豊橋市自然史博物館 モバイルページ

名古屋観光 モバイル
豊橋市自然史博物館

博物館のおすすめスポット