南極観測船「ふじ」(ナンキョクカンソクセンフジ)

『南極観測船ふじ』は昭和40年(1965年)から18年間活躍した国内初の砕氷船で、昭和60年(1985)から名古屋港ガーデンふ頭に永久係留してあり、「南極の博物館」として当時の姿のまま保存されている。

船内では当時の南極観測の様子をリアルに再現しているほか、南極の美しい自然や観測の意義について紹介しいる。

艦名は、日本の最高峰である富士山から名づけられた。砕氷船として、一般の船舶に比べて横幅が広いのが特徴。貨物の積み下ろし用に艦前部に2基、後部に2基のクレーンがある。艦後部にはヘリコプター格納庫及び飛行甲板となっており、偵察及び輸送用にヘリコプ ターを3機搭載している。

現役で活躍中(航海中)の頃の姿をそのまま再現した船内の様子を紹介し、観測船(砕氷船)という特殊船の構造や輸送手段としての船の役割を知ることができる。

また、南極の自然や南極観測の意義などを紹介することにより、南極観測事業を理解できる。実物資料として、生きた教材として船を体験できる。

『南極観測船ふじ』
建造年月日(進水) 昭和40年(1965)3月18日
基準排水量 5,250トン
全 長 100m
最 大 幅 22m
深 さ 11.8m
最大速力 17ノット
主機形式 ディーゼル電気推進
軸 馬 力 12,000馬力
搭載ヘリコプター 3機
定 員 245人
砕氷能力 厚さ80cmまでの氷は連続砕氷可能。




名称 南極観測船「ふじ」
カテゴリ その他
地域 名古屋市南部
営業時間 9:30〜17:00
定休日 月曜(休日の場合は翌日)※春休み・夏休み・冬休みは開館
料金

一般 300円 小中学生 200円

TEL052-652-1111
FAX 052-661-0646
リンク 公式サイト
所在地 名古屋市港区港町108
アクセス 地下鉄名港線「名古屋港駅」3番出口より徒歩3分
駐車場 あり
関連項目
南極観測船「ふじ」 モバイルページ

名古屋観光 モバイル
南極観測船「ふじ」