レトロでんしゃ館(レトロでんしゃかん)

名古屋市市電・地下鉄保存館

レトロでんしゃ館

77年にわたって名古屋を走り続けた市電や、昭和32年に日本で3番目に開通した地下鉄車両「黄電」など、時代を支えてきた貴重な車両が展示されており、展示車両は実際に車内に入って見学することができる。

ジオラマで車両走行

鉄道模型ジオラマ(Nゲージ1/500)で、市営地下鉄東山線「黄電300形」、鶴舞線「3000形」や、すでに引退した0系ひかり、デビューしたばかりのN700系のぞみ、名鉄、近鉄など名古屋地区の車両を走らせることができる。

ジオラマは名古屋城、テレビ塔など名古屋市街を実現。縦6m×横2.4mの本格ジオラマで最大8名まで運転可能。小型カメラ搭載なので、自分が運転する車両の映像がモニターに映し出される。

レトロでんしゃ館2レトロでんしゃ館3レトロでんしゃ館4レトロでんしゃ館5レトロでんしゃ館6レトロでんしゃ館7レトロでんしゃ館8レトロでんしゃ館9



名称 レトロでんしゃ館
カテゴリ その他 博物館
地域 尾張地区
営業時間 10:00〜16:00
定休日 水曜(休日の場合は翌平日)
料金

入場無料

TEL052-807-7587
FAX 052-807-1158
リンク 公式サイト
所在地 日進市浅田町笹原30 日進工場北側
アクセス 地下鉄鶴舞線「赤池駅」2番出口より徒歩7分
駐車場 6台
関連項目
レトロでんしゃ館 モバイルページ

名古屋観光 モバイル
レトロでんしゃ館

博物館のおすすめスポット