旧豊田佐助邸(きゅうとよださすけてい)

旧豊田佐助邸

大正12年に建設、発明王・豊田佐吉の弟で佐吉を支えた実業家・豊田佐助の旧邸。当時、長塀町に佐吉邸、白壁町に豊田喜一郎邸と豊田利三郎邸もあったが、現存するのはこの佐助邸のみ。利三郎邸は門と塀だけが残っている。

建物

和洋折衷の建物で、白いタイル張りの木造の洋館と広い間取りの和館で構成。洋館の1階には、蓮の蕾の形の照明。吊元の装飾、鶴にトヨタの文字をデザインした換気口が見ることができる。

旧豊田佐助邸2旧豊田佐助邸3旧豊田佐助邸4旧豊田佐助邸5旧豊田佐助邸6旧豊田佐助邸7



名称 旧豊田佐助邸
カテゴリ 名所・旧跡
地域 黒川・大曽根・矢田
営業時間 10:00~15:30
定休日 月曜日(祝日の場合はその翌平日)、年末年始(12月29日から1月3日まで)
料金

無料

TEL052-972-2732
FAX 052-972-4160
リンク 公式サイト
所在地 名古屋市東区主税町3-8
アクセス 地下鉄桜通線「高岳駅」2番出口より徒歩10分
駐車場
関連項目
旧豊田佐助邸 モバイルページ

名古屋観光 モバイル
旧豊田佐助邸