桑山美術館(くわやま びじゅつかん)

日本画・茶道具、季節の花が咲く庭園

閑静な住宅街あるヨーロッパ調の建物の美術館。春季は日本画を、秋季を茶道具を中心に、新春は全所蔵品からの企画展を行い、テーマごとに公開している。日本洋画や現代陶芸も展示されている。

コレクション

川合玉堂や橋本関雪、上村松園、下村観山など近代の日本画や、鎌倉時代から現代にいたるまでの茶道具などの所蔵品がある。

庭園・茶室

回遊式の庭園があり、桜をはじめ、牡丹、藤、つつじなどの花が春から初夏にかけて咲き誇り、秋にはもみじが赤く色づき、数種もの椿が冬の寒さに彩りを添えてくれる。

さまざまな形態の燈籠が点在し、ちょっとした散策を楽しむことができる。庭園内には茶室があり、茶会を開いている。




名称 桑山美術館
カテゴリ 美術館
地域 御器所・いりなか・八事
営業時間 10:00〜16:00
定休日 月曜(祝日の場合のその翌日)、祝日の翌日、展示入替期間(2~3月・7~8月・12月)
料金

一般 500円
中高大学生 300円

TEL052-763-5188
FAX 052-763-5278
リンク 公式サイト
所在地 名古屋市昭和区山中町2-12
アクセス 地下鉄鶴舞線「川名駅」2番出口より徒歩8分
市バス栄18系統・八事12系統「山中」より徒歩3分 
駐車場 8台
関連項目
桑山美術館 モバイルページ

名古屋観光 モバイル
桑山美術館