文化のみち百花百草(ブンカノミチヒャッカヒャクソウ)

文化のみち百花百草

大正9年(1920年)に建てられた、岡谷鋼機の創業家である岡谷家の邸宅だった書院や茶室・土蔵を改修するとともに、母屋跡に多目的ホールを新築して平成19年(2007年)に『文化のみち百花百草』として開館。

徳川美術館所蔵の「百貨百草図屏風」(重要文化財)にちなんだ庭園は、百花百草図屏風に描かれた約90種の草花の内、約70種も植えられている。が季節毎に植え替えられ、四季を通じて楽しめる。

ホールでは、セルフサービスでお茶やコーヒーを飲みながら庭園の花を楽しめる。また時間によってはグランドピアノの生演奏も行なわれる。土蔵はギャラリーになっており、普段は「百花百草図屏風」の解説がされている。

名称はかつて岡谷家が所有し徳川美術館に寄贈された田中訥言の「百花百草図屏風」に因んでいる。

文化のみち百花百草2文化のみち百花百草3文化のみち百花百草4文化のみち百花百草5文化のみち百花百草6文化のみち百花百草7文化のみち百花百草8



名称 文化のみち百花百草
カテゴリ 名所・旧跡
地域 黒川・大曽根・矢田
営業時間 11:00〜16:00
定休日 日曜〜火曜、年末年始
料金

大人 500円 / 小・中学生 200円 / 小学生未満 無料

TEL052-931-1036
リンク 公式サイト
所在地 名古屋市東区白壁4-91
アクセス 名鉄瀬戸線「清水駅」より徒歩10分
基幹バス「清水口」より徒歩5分
駐車場 なし
関連項目
文化のみち百花百草 モバイルページ

名古屋観光 モバイル
文化のみち百花百草